無線LAN(WiFi)の電波干渉改善効果(CH変更)

LINEで送る
Pocket

1.無線LAN(WiFi)のCH変更による電波干渉改善効果

・2014/11/29、所沢自宅、無線APから2mの点で測定
・無線AP設定:2.4GHz、802.11g, 54Mbps固定
・測定器:Chanalyzer5, Airmagnet
・測定方法:BNRサイトへの接続
・結果:干渉がある場合(15Mbps)と、ない場合(20Mbps)では、伝送速度が少なくとも約3割改善する。なお、干渉レベルにより改善効果は差がありますのでご了承ください。

 

interference_improve

2.電波干渉(チャンネル干渉)による影響動画

・チャンネル干渉がない場合(CH1使用):26Mbps(2015/11/17)

・チャンネル干渉がある場合(CH6使用):20Mbps(25%伝送速度が低下)

murakami