キーマンズネットに「無線LAN定期セキュリティ診断」が掲載

Pocket

Spectrum Technology、無線LAN定期セキュリティ診断を提供

掲載日:2014/11/27

News

 スペクトラム・テクノロジー株式会社(Spectrum Technology)は、「初回無料 無線LAN 定期セキュリティ診断サービス」の提供を12月1日に開始する。

「初回無料 無線LAN 定期セキュリティ診断サービス」では、企業向けにタブレットやスマートフォンで利用する無線LANをスムーズに使用できるようにする。

年1回の定期セキュリティ診断サービスで、無線アクセスポイント(AP)を複数設置している中堅中小企業向けに、使用中のSSID・MACアドレス・暗号化方式・通信速度・使用チャンネル・使用規格を報告するほか、ユーザが管理しているAPのリストと突き合わせ、不正APの有無を報告する。特に、未許可の持ち込みスマートフォンによるテザリングや、ステルスSSIDの不正APの発見に有効になっている。

対策としては、WEP方式を使用しているAPの方式変更や不正APの除去を提案する(発見は別途有償により対応)。無線APはベンダを問わず対応できる。

なお、東京都・埼玉県に所在する事業所を対象として、2000平方メートルまで初回のみ無償でサービスが提供される(個人は非対象)。定期サービスを自動更新として契約することが条件だが、2回目以降解約することも可能になっている。価格は、通常料金が2000平方メートルあたり20万円。

http://www.keyman.or.jp/nw/20059024/

murakami