ドローン向け無線局免許取得コンサルティング

LINEで送る
Pocket

1.はじめに

 ドローンを使ったビジネスは今後成長が期待されております。2016年7月電波審議会によりドローン用の新周波数の割り当てが決定しました。操縦範囲が数百メートルから数kmまで延長されます。また、新周波数帯では、無線局の免許及び無線従事者の資格者の配置が必要となります。

  当社では、ドローン向け無線局免許及び無線従事者資格の取得するためのコンサルティングを行います。

ドローンの“目視外飛行”で広がる産業利用――映像対応の新周波数帯が今秋から(businessnetwork.jpH28年10月4日より)

2.新周波数と出力

・2.4GHz:2483.5MHzから2497MHz(WiFiのCH14):16.5MHz帯域

・5.7GHz:5650MHzから5755MHz(WiFiのCH132、CH136,CH140と拡大帯域):105MHz帯域

・送信出力は、1W

・周波数の調整は、日本無人機運行管理コンソーシアム(JUTM:JAPAN Unmanned System Traffic & Radio Management Consortium)」で実施。

2.ドローン向け無線局免許の概要

drone_license_overview

3.無線局免許取得の流れ

drone_license_flow

4.無線従事者資格

drone_operator_license

5.コンサルティング費用と対応エリア

・費用:10万円(税抜き)から対応させて頂きます。詳細は、個別に見積もりさせて頂きます。

・エリア:関東エリア

6.コンサルティング開始日

・平成28年10月から

7.弊社の強み

・無線歴35年の専門家が対応します。

・無線従事者の最高資格である、第一級総合無線通信士、第一級陸上無線技術士を保有しております。

・無線LAN等の専門調査会社として自社で測定器を保有しております。(スペアナ、電波診断ツール(Airmagnet), セキュリティ診断ツール(Chanalyzer)、パケット調査(Wireshark))

8.問合せ先

 スペクトラム・テクノロジー株式会社

inquiry

電話番号:04-2990-8881

email:sales@spectrum-tech.co.jp

担当:村上

 

murakami