Airmagnetを使った無線LANの電波調査サービス(SIer向け)

LINEで送る
Pocket

電波調査サービス(サイト・サーベイ)

無線LANの現状調査(サイト・サーベイ)及び設計支援を行います。Fluke社のAirmagnet等を使用して、ヒートマップ、無線LAN使用状況を報告します。

 無線LANの電波調査(サイト・サーベイ)は、無線LANの導入前に周辺の電波状況を調査し、無線アクセスポイントのチャンネル設計をするために実施します。最近、2.4GHz帯は、公衆無線LAN、他社、自宅での普及が進み、非常に混雑しております。導入後のトラブルを回避できます。 

 また、電波調査には、無線通信技術の専門知識を必要とし、高額の測定ツールを準備する必要があります。電波調査の専門会社である弊社は、その調査を、SIer様に代わりに実施するサービスです。

 使用する測定器はAirmagnet、Chanalyzer、スペクトラム・アナライザを使用します。

成果物例

電波調査例1
無線LANの電波調査を屋内で実施する場合、事前にお客様のレイアウト図を頂き、そのレイアウト上を動き、経路を記録します。また事前い受信レベル、必要な通信速度を設定します。
電波調査例2
電波調査の結果、周辺の無線アクセスポイントをチャンネル別に表示した例です。
電波調査例3
電波調査の結果、受信レベル、チャンネル干渉のヒートマップ例です。

サービス内容

サービス名 サービス内容 対象のお客様 提供料金(税抜)
無線LANの電波調査サービス
「どのベンダにも対応します」
無線LANを導入するための事前調査を行い、無線LANの設計に反映させます。
導入後の電波診断も実施しております。
・SIer様
・設計、構築、保守サービスを行っている業者の方
500㎡当たり又は無線AP1台につき5万円。複数台につては個別に見積もりします。
① 受信レベル
② 干渉レベル
③ 通信データ速度
④ 周辺アクセスポイントの状況
⑤ 周辺機器からの干渉(電子レンジ、旧コードレス、気象レーダなど)

サービス提供エリア

日本全国(東京、埼玉以外は、別途交通費がかかります)

特にお勧めするお客様

・SIerの方

・設計、構築、保守サービスを行っている業者の方

・無線LAN導入前の調査が基本ですが、導入後の電波診断も実施しております。

電波調査の効果

・高額な測定ツールを購入しなくてすみます。また専門知識を保有する必要もありません。

・電波が見える化でき、サービスの状況が一目瞭然です。

・仮設アクセスポイントを使い、構築前、追加前に実施するので、無駄なアクセスポイントの投資を抑制します。また、導入後の微調整(設置場所、チャンネル変更)などが不要になります。

当社の強み

・無線歴35年、SI歴25年の専門家が対応します。

・自社所有の測定ツール(スペアナ、電波診断ツール、セキュリティ診断ツール、トラヒック診断ツール)により迅速に対応します。

・無線LANの見える化三部作により、全てのサービスに対応します。

 

電波干渉改善事例
電波干渉を改善し、通信速度が3割改善された事例です。
気象レーダによる電波干渉
5GHz帯は気象レーダの調査が必須です。数10km離れていても影響を受けます。
電子レンジによる電波干渉
2.4GHz帯は、電子レンジ、旧コードレス電話、医療機器などの電波干渉を調査する必要があります。

電波調査動画

お問合せ先

企業名:スペクトラム・テクノロジー株式会社

inquiry

電話番号:04-2990-8881

担当:村上

メール:sales@spectrum-tech.co.jp

 
murakami