AM/FMラジオのスペクトラム分析

LINEで送る
Pocket

1.AMラジオのスペクトラム分析

530KHz-1605KHzの帯域で、カバーエリアが広く、夜間は、数千kmをカバーする。最大500kwの高出力。

ラジコの普及、音質改善のためにデジタル化を検討してきたが、費用面で厳しく、FMで今後放送予定。災害には重要な役目を果たす。

AMradio

2.FMラジオのスペクトラム分析

76MHz-90MHzの帯域で、数十kmのカバーエリア。音質がよく、ステレオ放送が効果的。

ラジコの普及などにより、今後はAMラジオからの移行により競争が激化。

2015年12月7日からワイドFMとしてTBSラジオ(90.5MHz)、文化放送(91.6MHz)、ニッポン放送(93MHz)が放送開始。古いFMラジオでは聴けません。ワイドFM対応ラジオが必要になります。

widefm20151219

 

3.モバキャス(nottv)のスペクトラム分析

アナログTVの空いたCHでマルチメディア放送を開始。現在160万ユーザ(微減)

iphoneで未対応のため増加は厳しいのでは。後はコンテンツ勝負か?

nottv

murakami