無線LAN 指向性アンテナ検証結果

LINEで送る
Pocket

無線LAN(WiFi) 指向性アンテナの検証結果

1.目的

無線LANで今後、屋内などの電波干渉が大きい場所においては、指向性アンテナはひとつの有効手段になります。機械的にビームを絞るため、外部の干渉源が近くにあっても影響を受けません。その有効性の検証を行います。

2.機器

無線AP:WAPM-AG-300N(Buffalo社)

指向性アンテナ:WLE-HG-DA(Buffalo社 屋外用ANT)

3.検証内容

検証は、スペアナ(N9342C:キーサイトテクノロジー)による受信レベルとAirmagnet(fluke)による受信エリアの確認。無指向性vs指向性の比較を実施。2.4GHz CH1で検証。

4.検証結果

スペアナの測定:ほぼアンテナ特性どおりの結果が出たが、反射波の影響で2.5dBの誤差

受信エリア:反射波の影響で、Rear側に想定外の受信エリアが発生。アンテナの設置方法に注意が必要。

beam_ant1

beam_ant2 beam_ant3

murakami