クラウド型温湿度ロガー開発キットの販売

LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket

クラウド型温湿度ロガー開発キット~AWSを使って、温湿度情報の活用により、感染予防、農業等に貢献~

 RaspberryPi3B+と温湿度センサ(BME280)から構成され、Pythonのプログラムで動作します。AWS IoTを活用してDynamoDBにデータを自動記録し、リアルタイムにグラフ表示もできます。また、プラットフォームに、クラウドを使用することで、コスト、期間を含めて最適な構成となります。WiFi環境があれば直ぐに利用可能です。本格的にIoT開発を行う場合は、AWS IoT開発キットへの拡張が可能です。「新発売」

温湿度情報は、あらゆる分野に活用できる基本情報となります。今回、温湿度センサを使い、絶対湿度、露点温度を自動計算し、その情報をAWSのクラウドに格納し、リアルタイム表示、CSV提供、メール通知等活用できます。 本キットにより、感染予防、空調、農業等に貢献します。

Line通知用プログラム無料提供キャンペーン

2020年12月末まで購入のお客様には、絶対湿度により、Lineに乾燥警報を通知するプログラムを無料で提供します。

容積絶対湿度(volumetric humidity)について

大気中に含まれる水蒸気の密度(容積あたりの質量)である。単位はグラム毎立方メートル(g/m3)が用いられている。

容積絶対湿度とインフルエンザの関係が宮城医師会から示されています。以下の基準で感染予防に努めてください。
〜7g/㎥  :より起こりやすい
7〜11g/㎥:流行しやすい
11〜g/㎥ :流行しにくい

AWS IoT開発キット2への拡張可能

AWS IoT開発キット2プラスへの拡張が可能です。本格的にAWS IoTの利用の方も安心して始められます。まずは本キットで学習して、次のステップへ進めることができます。

換気センサIoT開発キット

Lineと連携した換気センサIoT開発キットも販売しています。CO2濃度をお客様が設定した閾値で、定期的にLineに通知し、換気を促進します。3密防止に貢献します。

商品一覧

項番商品名内容単位価格(税抜)
1クラウド型温湿度ロガー開発キット本体・温湿度センサ(BME280)
・Raspberry Pi 3 model B+
・ケース(白、黒、透明から選択できます)
・microSD 32GB
・マニュアル、プログラム(python)
・USB電源ケーブル、HDMIケーブルは付属されてません。
一式
31,000円
2オプション品バッテリー(3.0A10000mAH)1個
10,000円
3USB電源ケーブル(Micro USB Bソケット 5V 2.5A )50cm1本
200円
4HDMIケーブル(2m)
初回のみ使用
1本
500円
5ブレッドボード・キット(雷センサ、換気センサを同時使用の場合)
・ブレッド・ボード、ジャンパワイヤ各種
一式
2,000円
6AWS IoT用バージョンアップ・キット・プロジェクトキット
・マニュアル
・プログラム
一式
15,000円
7換気センサ開発キット(追加センサ)・換気センサ(CCS811)
・Line通知プログラム
・RasbperryPiは含まれません
一式
10,000円
8雷センサ開発キット(追加センサ)・雷センサ(AS3935)
・Line通知プログラム
・RasbperryPiは含まれません
一式
10,000円
9運用サポート14日間は無料でサポートします。最初の14日間
無料

特徴

(1)湿度情報を自動測定、自動記録

温湿度、気圧、絶対湿度、露点温度を、自動的に計測します。その結果をAWSのIoTを使って自動でDynamoDBに記録します。絶対湿度の閾値を設定し、感染危険通知を簡単に行うことができます。CSV抽出、リアルタイム表示も可能です。

(2)応用が可能

Pythonで作成したプログラムを再利用して、他のセンサと組み合わせたり、計測周期を変えたり、自由にカスタマイズできます。換気センサ、雷センサなど他のセンサとの連携も可能です。

(3)小型で簡単な設定で直ぐに利用

WiFi,AWS接続情報を入力するだけで直ぐに利用できます。お客様で準備するものはWiFi環境だけです。クラウド型で感染予防期間のみの利用もできます。

(4)安心サポート

安心なマニュアルと14日間の無料サポートを行います。Linux,Pythonがはじめての方も安心です。

温湿度開発ログラム(python3)

(1)AWS IOT接続用MQTT、センサ情報収集プログラム

AWS IoTに接続するためのMQTTプログラム及び温湿度センサ情報収集プログラムを提供します。CSV抽出プログラムも提供します。外部のサイトでリアルタイムに情報を表示します。

(2)温湿度センサ単体試験プログラム

BME280単体試験用プログラムも提供します。

(3)他センサと同時利用可能

既に販売中の熱中症、換気警報キットと組み合わせて同時利用が可能です。同時利用の場合は、オプションのブレッドボード・キットをお求めください。

お勧めの方

・感染症予防をお考えの方

・病院、高齢者施設、職場、学校、農業などで温湿度管理をお考えの方

・AWSを使ったIoT開発を初めて行う方

利用するために必要なスキル

 ・Linux,Pythonの基礎的な知識(初心者の方でも簡単に設定できます)。

・AWSの知識は必要ありません。

お届け期間

お届け期間は、1週間程度になります。

注文方法

現在、Line@お友達追加キャンペーン実施中。千円割引クーポン配布中。詳しくはこちらへ

個別にご希望のお客様は、問合せ先又はメールで希望の品名、数量、会社名、担当者名等ををお知らせください。

その問い合わせ内容に基づき弊社から見積書を送付しますので、内容確認後、御社から注文書を送付してください。

支払い方法

企業の方は、納品後、請求書に基づき銀行振込でお願いします。

個人の方は、注文時、キャッシュレス(Linepay)、銀行振込で前払いでお願いします。入金確認後、物品を送付します。

動画紹介

サポート

クラウド型温湿度ロガー開発キットのマニュアルについては、こちらのページからご覧ください。

お問合せ先

企業名:スペクトラム・テクノロジー株式会社

inquiry

電話番号:04-2990-8881

担当:村上

メール:sales@spectrum-tech.co.jp

 
murakami