無線LANセキュリティの見える化:セキュリティ診断サービス

LINEで送る
Pocket

セキュリティ診断サービス

情報漏えい、不正アクセスを解消。 偽装無線アクセスポイントの調査 、無線アクセスポイントの脆弱な暗号化 、無線アクセスポイントなど機器の脆弱性診断、未使用になった放置無線アクセスポイントの棚卸を行います。

セキュリティ診断は、Chanalyzer(Metageek社)を使用し、無線アクセスポイントのSSID(Service Set ID),、MACアドレス、暗号化方式、通信速度、使用チャンネル、使用規格を報告します。

偽装アクセスポイントの有無、暗号化方式の脆弱性、無線LANルータなどの機器の脆弱性のチェック、放置アクセスポイントの棚卸を行います。

セキュリティの見える化により、偽装アクセスポイントの発見、不正アクセスによる情報漏えいの防止を図ります。

成果物例

セキュリティ診断例1
無線アクセスポイントの暗号化方式、使用規格、通信速度により、偽装アクセスポイントの有無、脆弱な暗号化設定の有無を報告します。
セキュリティ診断例2
周辺の無線アクセスポイントの状況(SSID,MACアドレスなど)により、偽装アクセスポイント、社員のテザリングのアクセスポイント、放置アクセスポイントの有無を報告します。
無線LAN機器の脆弱性情報例
当社独自の脆弱性情報データベースにより、無線LAN機器のファームウエアなどのバージョンアップが必要か報告します。

サービス内容

サービス名 サービス内容 対象のお客様 提供料金(税抜)
無線LANのセキュリティの見える化(セキュリティ診断サービス)
「どのベンダにも対応します」
無線LANのセキュリティ状況を見える化します。 ・中小企業の無線LANを設置しているお客様。
・中小企業に無線LANを提供しているSIer様
法人のお客様
500㎡当たり又は無線AP1台につき5万円。複数台につては個別に見積もりします。
① 無線アクセスポイントの暗号化方式等の脆弱性有無
② 偽装アクセスポイントの有無
③ 社員のテザリング端末の有無
④ 放置された無線アクセスポイントの棚卸
⑤ 無線LAN機器のバージョンアップの必要性の有無
・個人のお客様 個人のお客様
100㎡まで1万円

サービス提供エリア

日本全国(東京、埼玉以外は、別途交通費がかかります)

特にお勧めするお客様

・設置後1年以上が経過し、セキュリティのチェックを行っていないお客様。特に金融業界は、4半期に1回実施することになります。(PCI DSS)

・無線LANのセキュリティに不安を感じているお客様

・顧客情報、新規開発を扱っている業種のお客様(病院、学校、金融、小売、製造、ホテルなど)

・マイナンバー制度の導入に伴い、全企業にお勧めします。

セキュリティの見える化による効果

・早期に、不正アクセスの有無を発見でき、脆弱なセキュリティ方式をより強固なものに変えることにより、不正アクセスを防止できます。

・定期的にセキュリティ診断を行うことにより、安心・安全な無線LANの利用。

・棚卸により不要アクセスポイントの発見が可能。これまで多くの放置アクセスポイントが発見されました。

・内部からの情報漏えい防止に有効です。

・マイナンバー導入に伴い、技術的安全管理措置が必要となり、その中の不正アクセス防止、情報漏えい防止に効果があります。海外での事例では、機器の脆弱性により不正アクセスが発生しております。企業側も安全管理措置が取られない場合は、4年以下の懲役又は200万円以下の罰金が課せられます。

・情報漏えいにより1万件の顧客データが流出すると損害賠償額は、1万件x500円/件=500万円

・セキュリティ診断を実施し、未然に防止すると1000㎡:10万円となり50分の1の費用ですみます。

当社の強み

・無線歴35年の専門家が対応します。

・自社所有の測定ツール(スペアナ、電波診断ツール、セキュリティ診断ツール、トラヒック診断ツール)により迅速に対応します。

・無線LANの見える化三部作により、どんなトラブルも解決します。

 

企業における脆弱な設定事例
危険:約5割の企業が、WEPなどの脆弱な暗号化方式のまま利用しています。
キーマンズネット協力記事
「ほぼフリーアクセス?WEP利用企業が4割超という現実」
脆弱性分析管理サービス
PowerBIによる脆弱性情報_分析・管理サービス

セキュリティ診断動画

お問合せ先

企業名:スペクトラム・テクノロジー株式会社

inquiry

電話番号:04-2990-8881

担当:村上

メール:sales@spectrum-tech.co.jp

 
murakami